アンチヒーロー緋山の考察!12年前の事件どんな関係がある?

PR
PR
アンチヒーロー緋山の考察!12年前の事件どんな関係がある?ドラマ

今回は、ドラマ「アンチヒーロー」緋山の考察!12年前の事件どんな関係がある?というテーマでお届けします。

アンチヒーロー6話が放送されましたね!

冒頭から、緋山(岩田剛典)と明墨(長谷川博己)の会話が衝撃的でいろいろな想像や考察がふくらみました。

緋山と明墨は協力関係で、どのように12年前の証拠をつかんでいくのか見所です。

「アンチヒーロー」の1話と2話で放送された事件は、緋山が犯人ではないのでしょうか?

さっそく12年前の事件どんな関係がある?のか、緋山の考察を始めます!

アンチヒーロー緋山の考察!12年前の事件どんな関係がある?

さっそく、ドラマ「アンチヒーロー」の緋山について12年前の事件どんな関係があるのか、本当に犯人ではないのか、目的は何なのか考察していきます!

アンチヒーロー緋山は12年前の事件どんな関係がある?

おそらく、緋山は12年前の事件の関係者でしょう。

現段階では、12年前の事件で犯人とされている志水裕作はえん罪という事がわかっています。

瀬古判事が最高判事になりたいが為に、誰かと協力して志水を死刑判決にしたようです。

怖すぎます・・・。

そこで6話冒頭、緋山は明墨に協力しつつ12年前の事件のある物を手に入れるため動いているようでした。

という事は、緋山は被害者一家の生き残りなのでしょうか?

アンチヒーロー緋山の目的は?

6話冒頭で明墨に協力している事がわかりました。

つまり、緋山もまた12年前の事件を明らかにしたいと思っている1人ということですよね。

12年前の事件・糸井一家殺人事件では、薬物がつかわれていたとのこと。

それは、緋山のいた工場にあった何かなのか??

想像や考察の余地をたくさん残してくれている制作陣はスゴイですよね!

まだまだ先が読めません。

アンチヒーロー緋山は1話と2話の犯人なのか?

緋山は、1話の町工場の社長殺害事件で無罪となりましたが、2話のラストで血まみれの作業服を捨てているところを赤嶺に目撃されています。

そして今回7話で赤峰が血まみれの作業着を回収していた事がわかりました!

でも赤峰があのゴミ集積場に行くよう仕向けたのは、明墨でしたよね。

こうやって疑わせるのも全て明墨の計算通りだと考えると、緋山は1話の犯人ではないのかもしれません。

アンチヒーロー緋山の考察!12年前の事件どんな関係がある?まとめ

今回は、ドラマ「アンチヒーロー」緋山の考察!12年前の事件どんな関係がある?というテーマでお届けしました。

ドラマ「アンチヒーロー」の1話と2話で出演した緋山(岩田剛典)の事件だけ、あやふやなまま終わっていましたが、また6話で再登場という事でファンの間では歓喜の声が上がりましたね!

8話では血まみれの作業着の再登場でドキッとしました。

緋山と明墨は協力関係で、どのように12年前の証拠をつかんでいくのか見所です。

また、アンチヒーローには伏線がたくさんあるので、12年前の事件どんな関係があるのか、緋山の考察も含め、まだまだ楽しめそうです!

テキストのコピーはできません。