日曜劇場アンチヒーロー原作は漫画or小説?脚本家・演出・監督を紹介

PR
PR
日曜アンチヒーロー原作は漫画or小説?脚本家・演出・監督を徹底解説!ドラマ

今回は、日曜劇場「アンチヒーロー」原作は漫画or小説?脚本家・演出・監督を紹介!というお題でお届けします。

2024年4月から、長谷川博己さん主演のドラマ「アンチヒーロー」が日曜劇場でスタートします。

なんと、あの「VIVANT」と同じスタッフで制作されるという事で話題になっていますね!

長谷川博己さん演じる弁護士は、悪人でさえも無罪にしてしまうアンチヒーロー。

実は元警察官らしく、これから日曜21時が更に楽しみとなります。

そこで気になるのは、日曜劇場「アンチヒーロー」の原作は、漫画なのか小説なのか?

この記事では脚本家演出監督を紹介し、日曜劇場「アンチヒーロー」がどのような話になるのか予想していきます。

日曜劇場アンチヒーロー原作は漫画or小説?

日曜劇場「アンチヒーロー」の内容は細かく発表されていないので、どんな話か気になるところ。

「アンチヒーロー」の原作は、漫画小説なのでしょうか?

日曜劇場アンチヒーローの原作は?

最近の日曜劇場は、オリジナルストーリーが多い傾向にあります。

日曜劇場「アンチヒーロー」のついて調査したところ、原作なしの完全オリジナルストーリーという事がわかりました!

原作となる小説や漫画は存在せず、今回のドラマの為だけに作られた脚本ということでした。

\1話から見れるのはココだけ/

▲現在なんと31日間無料!▲

日曜劇場アンチヒーローのあらすじ

日曜劇場「アンチヒーロー」のあらすじは、おおまかにしか発表されていません。

公式に発表されている、あらすじの一部を紹介します。

日本の刑事裁判での有罪率は99.9%と言われている。

長谷川演じる弁護士は、残り0.1%に隠された「無罪の証拠」を探し依頼人を救う救世主のような人間ではない。

たとえ、犯罪者である証拠が100%揃っていても無罪を勝ち取る、「殺人犯をも無罪にしてしまう」“アンチ”な弁護士。

ヒーローとは言い難い、限りなくダークで危険な人物だ。

しかしこのドラマを見た視聴者は、こう自問自答することになるだろう。

「正義の反対は、本当に悪なのだろうか・・・?」

このドラマは「弁護士ドラマ」という枠組みを超え、長谷川演じるアンチヒーローを通して、視聴者に“正義とは果たして何なのか?” “世の中の悪とされていることは、本当に悪いことなのか?” を問いかける。

TBS公式HP

昨年ヒットした「VIVANT」と同じように、あまり情報を公開しない手法のようです。

第2話のラストにも驚きましたね。

撮影も順調に進んでいるようで、今後どんな展開になるのか楽しみです♪

ロケについて気になる方は、こちら「アンチヒーローの撮影場所まとめ」の記事もご覧下さい(^^)

日曜劇場アンチヒーロー脚本家・演出・監督は?

日曜劇場「アンチヒーロー」の脚本家・演出・監督は誰が担当するのでしょうか?

日曜劇場アンチヒーローのプロデューサーは?

ドラマ日曜劇場「アンチヒーロー」のプロデューサーは、飯田和孝さんです。

飯田和孝さんといえば、たくさんの大ヒットドラマを生み出したことで有名です。

代表作はこちら。

2007年「華麗なる一族」
2013年「半沢直樹」
2015年「下町ロケット」
2022年「マイファミリー」
2023年「VIVANT」

有名な作品ばかりですよね。

これだけの人気作品を世に送り出してきた、飯田和孝さん。

今回の日曜劇場「アンチヒーロー」も、かなり期待出来そうです。

日曜劇場アンチヒーローの脚本家は?

日曜劇場「アンチヒーロー」の脚本家は、4人います。

「VIVANT」の脚本を担当した山本奈奈さん李正美さん、宮本勇人さんが集結しており、飯田和孝さんも信頼を置いているのではないでしょうか。

回によって脚本家の色が出ると思うので、毎回楽しめそうです。

山本奈奈

数々の作品で、共同脚本を担当してきた山本奈奈さん。

今回「アンチヒーロー」で、初めてメインライターとして挑むようです。

過去の代表作はこちら。

2021年ドラゴン桜2李正美と共同脚本
9話のみ単独脚本
2022年監察医朝顔2022sp鈴木薫と共同脚本
2023年私がヒモを飼うなんて2.4.6.最終話の脚本
2023年VIVANT3.6.9話を
八津弘幸と共同脚本

李正美

李正美さんは、TBSでドラマの脚本を担当する事が多い脚本家。

過去の代表作はこちら。

2017年集団左遷!山本奈奈と共同脚本
2020年半沢直樹単独脚本
2021年ドラゴン桜2山本奈奈と共同脚本
2023年VIVANT一部脚本

宮本勇人

舞台やドラマの演出や脚本を担当している、宮本勇人さん。

過去の代表作はこちら。

2021年高嶺のハナさん脚本
2022年DCU脚本
2022年高嶺のハナさん2脚本
2023年君に届け(Netflix)脚本
2023年VIVANT共同脚本

福田哲平

ドラマや舞台の脚本を数多く担当してきた、福田哲平さん。

実は芸人としても活動されており、R-1グランプリの出場経験もあるんです。

過去の代表作はこちら。

2019年インハンド脚本
2020年恋する母たち脚本
2021年らせんの迷宮脚本
2022年パンドラの果実共同脚本

日曜劇場アンチヒーローの演出は?

日曜劇場「アンチヒーロー」の演出は、田中健太さん

田中健太さんは、「半沢直樹」のディレクターを務めており、「半沢直樹」「陸王」「マイファミリー」でドラマアカデミー賞監督賞を受賞しています。

確かな実績のある方で、過去の日曜劇場も担当されています。

日曜劇場アンチヒーロー監督は?

日曜劇場「アンチヒーロー」の監督は、小島秀夫さん。

ツィッターで登場していました。

日曜劇場アンチヒーロー原作は漫画or小説?脚本家・演出・監督まとめ

今回は、日曜劇場「アンチヒーロー」の原作は漫画or小説?脚本家・演出・監督を解説!というお題でお届けしました。

2024年4月から始まるドラマ、日曜劇場「アンチヒーロー」。

原作が漫画なのか小説なのか、気になっていた人も多かったのではないでしょうか。

脚本家は4人ということなので、担当する回によって表現が変わり楽しめそうです。

出演者も豪華で話題になっている点にも注目です!

ぜひ「登場人物の関係性やキャストの紹介」についてもご覧ください♪

演出や監督によっても作品の傾向が大きく変わるので、気になる方はよくチェックしておきましょう。

日曜劇場「アンチヒーロー」は、毎週日曜21時から放送です!

テキストのコピーはできません。