笑うマトリョーシカのネタバレ最終回!結末は原作と違う?

PR
PR
笑うマトリョーシカのネタバレ最終回!結末は原作と違う?ドラマ

今回は、笑うマトリョーシカのネタバレ最終回!結末は原作と違う?というテーマでお届けします。

​​7月から始まるTBS系金曜ドラマ「笑うマトリョーシカ」は、主演:水川あさみさん、そして玉山鉄二さん、櫻井翔さんの豪華俳優がドラマを展開していくミステリー。

原作があるこのドラマは、「何が真実で、闇を持っているのは誰なのか?」と最後まで視聴者を混乱の渦にとりこむ作品です!

今回は、ドラマ「笑うマトリョーシカ」のネタバレ最終回や、結末は原作と違うのかを考察・解説していきます。

笑うマトリョーシカのあらすじ

原作小説の「笑うマトリョーシカ」は完結しています。

さっそく、あらすじについて紹介していきます。

原作小説「笑うマトリョーシカ」では清家一郎(櫻井翔)が主役ですが、ドラマでは道上香苗(水川あさみ)が主役となるようです。

ここでは、原作の小説を清家一郎を中心に紹介していきます。

主要な登場人物はこちら。

道上香苗(水川あさみ)出版者ライター(元新聞記者)
清家一郎(櫻井翔)政治家(27歳の若さで国会議員、将来の総理候補として期待されている)
鈴木俊哉(玉山鉄二)秘書(東大卒の元エリート官僚)

愛媛県松山市にある私立福音高校で、清家一郎(櫻井 翔)と鈴木俊哉(玉山鉄二)は出会います。

鈴木俊哉は学年トップの成績優秀で一目置かれていた.一方で清家一郎は母親離れができず、幼さとおどおどした真逆の人間。

鈴木俊哉は、清家の素質に魅了され、彼を自分の操り人形のようにバックアップし生徒会長にします。

鈴木のシナリオ通りに忠実に、それ以上に再現していく清家一郎。

清家を生徒会長にした後は、どんどん彼に固執していくのです。

彼を政治家にしたい、清家もまた小さい頃から政治家になることが夢だったことから二人の物語が進んでいきます。

そして27歳の若さで議員になった清家一郎は周囲を魅了し、誰もが認める政治家へとなる。秘書となった鈴木俊哉は、そんな清家を若き「官房長官」へと押し上げる・・・というストーリーです。

この物語は、道上香苗というライターが清家一郎を「ニセモノ」の気がするという観点から取材を通して清家一郎という男とその周辺の人間を丸裸にしていく。

清家一郎は、果たして何者なのか?

笑うマトリョーシカのネタバレ最終回

原作の「笑うマトリョーシカ」では、最終回までに不可解な死や事故がたくさん起こります。

①道上の父親の死

②代議士武智の事故死

③鈴木俊哉の車にひかれそうになる

それらの謎と解くカギとして、重要な3つのネタバレについて解説していきます。

なぜ浩子は清家一郎を政治家にしたかった?

浩子(清家一郎の母)が清家一郎を政治家にしようとしたのは、母親の願いを叶えるためでした。

浩子は3歳まで中国で過ごし、中国人の母のために生きた人です。

父親が日本兵だったため、故郷を追われて母親と日本にやってきました。

しかし、日本人の父に捨てられ2人になってしまいます。

浩子の母親は、「日本人」「復讐」という言葉をよく使い、孫の清家一郎にも「将来は政治家になりなさい」と話していました。

浩子は母親からの影響が大きく、漠然と「母親のために日本に復讐したい」という思いがありました。

その後ホステスをしていたときに政治家の和田島に出会い、清家一郎が誕生

浩子(清家一郎の母)は未婚の母を選択し、清家一郎に「日本を動かす政治家になって欲しい」と願ったのでした。

つまり、浩子の母親の無念や権利などを一郎が政治家になることで浄化してほしいと考えていたのです。

清家一郎は、なぜ鈴木俊哉を切ったのか?

もしかしたら、始めから最後に裏切るという快感を得るためだったのかもしれません。

思えば、清家一郎は最初のころ中身が空っぽで何にでも染まる人間でした。

物語の途中までは、色々な人に操られている清家一郎。

清家一郎は、高校時代から鈴木俊哉の操り人形のように忠実に従っていました。

でも、鈴木や母親・恋人などからの操りによって清家一郎も成長してしまったのか、最初から裏切るつもりだったのかはわかりません。

周りの人物はその時々で清家のブレーンとなりますが、渦の中で自分を正当化し、何者にも染まる清家に魅了され執着していきます。

そして、最後はみんな清家によって切り捨てられます。

鈴木俊哉もそうやって切り捨てられるんですね。

最後に笑うマトリョーシカは誰?

最後に笑うマトリョーシカは、清家一郎本人です。

始めは清家一郎がいろんな人に翻弄されていくように思うのですが、実際は彼自身が全てを見通して操っていたのです。

清家一郎は、常に誰かの干渉や影響の中で生きてきてきました。

  1. 清家一郎の母親・浩子・・・大学の時、一郎と恋人を別れさせようとする。一郎を政治家にさせたいと願う。
  2. 福音高校の友人・鈴木俊哉・・・一郎が大学時代の恋人亜里沙と別れさせようとする。自分のいう通りに政治活動をさせようとする。
  3. 大学時代の恋人・亜里沙・・・自分こそが一郎を政治家にさせられると言う。

最後にマトリョーシカの芯は、清家一郎。

みんな清家によって切り捨てられていき、最後は清家自身が残って笑っています。

母親とは27歳の議員になってから一度も会わず、高校時代からの友達である鈴木俊哉を平気で裏切って、現総理大臣のスキャンダルを流してその座を狙う清家は只者ではありません。

一番の被害者は、清家一郎かもしれません。

笑うマトリョーシカの結末は原作と違う?

「笑うマトリョーシカ」は、原作小説とドラマで結末が違います。

現時点で、ドラマの結末がどうなるか明かされていません。

ドラマのプロデューサー原作者・早見和真さんが打ち合わせしてる間にドラマの内容ができた、というインタビュー記事を見つけました。

早見先生の、人間の深部に迫る傑作小説をベースに、早見先生と打ち合わせもさせていただきながら作り上げた脚本は今までになくスリリングで、そしてその魅力的な登場人物たちを、水川あさみさん、玉山鉄二さん、櫻井翔さんというこの上なくワクワクする最高のキャストの皆様が演じてくださることが今からとても楽しみです!

U-NEXT

ドラマでは、登場人物それぞれの葛藤人間模様の注目・表現の仕方を変えるようです。

つまり原作をベースに、ドラマではより視聴者に楽しんでもらえるように工夫されるという事ですね!

人間心理について深く考えさせられ惹きこまれる「笑うマトリョーシカ」は、原作小説とドラマで結末がどのように変わるのか注目です。

笑うマトリョーシカのネタバレ最終回!結末は原作と違う?まとめ

今回は、ドラマの原作小説「笑うマトリョーシカ」のネタバレ最終回!結末は原作と違うのかについてまとめてみました。

筆者は小説を読んでいる間、ジェットコースターのように進むストーリーに夢中になり、「人間って恐ろしい」「人の影響って?」と考えさせられました。

原作は一回読んだだけでは理解できないくらい、奥深いです。

ドラマ「笑うマトリョーシカ」の最終回の結末はどうなるのか、原作を読んだ一人としてかなり興味があります。

ドラマの限られた時間で「笑うマトリョーシカ」を全て描き出すのは難しいと思うので、原作とは違う切り口でドラマならではの最終回の結末が見られるのは楽しみですね。

実写ドラマでは、櫻井翔さん・水川あさみさん・玉山鉄二さんの他にも、渡辺いっけいさん・高岡早紀さん・曽田陵介さんの出演も決まっています。

以上、ドラマの原作小説「笑うマトリョーシカ」のネタバレ最終回!結末は原作は完結と違う?でした。

テキストのコピーはできません。