海のはじまり原作は漫画?あらすじや脚本家を徹底調査!

PR
PR
海のはじまり原作は漫画?あらすじや脚本家を徹底調査!ドラマ

今回は、海のはじまり原作は漫画?あらすじや脚本家を徹底調査!というテーマでお届けしていきます。

2024年7月から始まる月9ドラマ「海のはじまり」は、目黒蓮さんが主演という事で楽しみにしてる方も多いのではないでしょうか。

目黒蓮さんが出演するドラマはどれも人気で、今回も期待の声が寄せられています!

さっそく、ドラマ「海のはじまり」の原作は漫画なのかあらすじや脚本家を紹介していきます。

海のはじまり原作は漫画?

ドラマの予告を見た人の中には、「海のはじまり」の原作は漫画なのかと思った方もいるようです。

海のはじまり原作は漫画?

ドラマ「海のはじまり」は、原作のない完全オリジナルストーリーです。

事前予告を見ると漫画にもありそうなストーリーですが、完全オリジナルなので先の展開が予想できず楽しめそうですね♪

海のはじまりの基本情報

ドラマ「海のはじまり」のテーマは親子の愛です。

主演目黒蓮
演出風間太樹
プロデューサー村瀬健

海のはじまりのあらすじや脚本家を徹底調査!

ドラマ「海のはじまり」の、あらすじや脚本家を紹介していきます。

海のはじまりのあらすじは「マイガール」にそっくり?

主人公は、月岡夏(つきおか・なつ/目黒蓮)。

大学時代に、ふとしたきっかけで付き合うようになった同級生・南雲水季(なぐも・みずき)と幸せな日々を送っていました。しかし、就職活動を迎えようとしていたある日、突然、彼女から別れを切り出され、そのまま2人は別れることに。

それから7年がたち、新しい人生を歩んでいた夏でしたが、大学時代の友人からの連絡で、水季が亡くなったことを知ります。

別れを告げられて以来、一度も会うことがなかったこともあり、実感がわかないまま葬式へと向かった夏は、そこで海(うみ/泉谷星奈)という名の幼い女の子と出会います。

その女の子が、水季の子どもだと知った夏は驚きを隠せず、水季の母親から、自分が海の父親だと聞かされます。水季が、自分の知らないところで、自分との間にできた子どもを生み、何も言わずにその子を育てていたと知った夏は、水季と海が過ごした7年という月日に思いをはせ…。

めざましmedia

このあらすじを見て、「相葉くんのドラマに似てない?」「マイガールにそっくり」という声があがっています。

マイガールのあらすじは、このようになっています。

亡くなった恋人と娘への愛を貫く青年を描く。写真スタジオで働く笠間には6年間思いを続ける恋人・陽子がいた。だが、陽子は海外留学すると去ったまま、手紙の返事もない。ある日、陽子の事故死の知らせが届き、自宅を訪ねた笠間は、彼女の5歳の娘・コハルが自分の子だと知る。

ザテレビジョン

思いを寄せていた女性が姿を消し、その後なくなっていた事がわかり少女が現れるという点が確かに似ていますね・・・。

ただ、現時点では導入部分だけしかわからないので、この後どのように展開するのか注目ですね!

海のはじまりの脚本家

ドラマ「海のはじまり」の脚本家は、生方美久さん!

「silent」や「いちばんすきな花」で有名になった脚本家で、かなり注目されています。

今回、「silentチーム」の目黒蓮さん・生方美久さん(脚本)・風間太樹さん(演出)・村瀬健(プロデューサー)が再び集まるという事で、繊細な感情を表現する人気ドラマとなりそうですね!

海のはじまり原作は漫画?あらすじや脚本家を徹底調査!まとめ

今回は、海のはじまり原作は漫画?あらすじや脚本家を徹底調査!というテーマでお届けしました。

2024年7月スタートのドラマ「海のはじまり」の原作は漫画ではなく、完全オリジナルストーリーということがわかりました。

目黒蓮さんがシングルファーザー役を演じるという事で楽しみにしているファンも多いです。

しかも脚本家はあの生方美久さん

プロデューサーや演出家もあわせると「silent」と同じチームという事で、あらすじを含め、どんな展開になるのか楽しみですね(^^)

テキストのコピーはできません。